N-WGNをもうちょっと調べてみた

今日も桜島のようにでっかく生きている翔太です。

たまたま代車として乗ったN-WGNの魅力に取り憑かれ、このところちょいちょいN-WGNについて調べたりしています。

N-WGNはスターターボタンやフルオートエアコンは標準搭載されていて、全車についた機能です。昔はこんなのランクの高い車にしかなかったみたいですね。最近では軽自動車でもたくさん機能がついていて嬉しい限りです。

機能面だけでなく、荷室も広いのが嬉しいところです。リアシートを一番後ろまで下げても、そこそこの荷物を積めるスペースがあります。一番前に出せば、長さで言うと56cmのスペースができます。その他にも座面下にもスペースがあるので、細々したものはここへ収納できてしまいます。なんと深さは29cm!このスペースはすごいですよ。

軽自動車というと小さくて狭いイメージですが、そんなこともないですよね。意外と快適に過ごせます。とは言うものの、その分値段も張るようになってきている気がしますが。

N-BOXと比べると、室内のスペースは劣りますが、車としての機能面やエンジンの性能は同等のレベルです。それにも関わらずN-WGNの方が燃費が4kmもいいですし、価格も10万円くらい安いです。

N-ONEよりも良いと感じたことは前回の記事で書きましたが、N-WGNはN-ONEとN-BOXの中間くらいの位置づけなのかも知れません。

いずれにしても気になる車です。気になりだすと、どんどん欲しくなってきてしまいました。汗